広告ってどんなものがあるの?広告の3分類とその内容は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

d47c63f95588a9d671f1e1fd03215f41_s

「会社ができたし、早速商品を宣伝しよう!」 「宣伝するためにはどんな広告を出そうかな?」

いざ会社を立ち上げた、あるいは個人事業主として活動を始めた時に、そんなことを考える人も多いのではないでしょうか? でも「そもそも広告ってどんなものがあるんだろう?」って考えたことはありますか?一口に広告といっても色々な種類があります。もちろん皆さんが暮らしの中でよく目にするものもあれば、意外と広告だと気づかずに接してしまっているものもあるかもしれません。 そんな広告の種類をまずは把握しておきましょう!

広告の種類

まず広告は大きく分けると3種類に分けられます。1つはマス広告、2つ目にSP広告、3つ目にインターネット広告です。分類の仕方は分かれる場合もあるかもしれませんが、大きくこの3つと言っていいでしょう。

スポンサーリンク

1.マス広告

広告といって、まず最初に思い浮かぶのがこのマス広告です。いわゆるマスメディアを用いた広告で、テレビ広告(テレビCM)、ラジオ広告(ラジオCM)、新聞広告、雑誌広告の4つに分かれます。一般の人が馴染みのあるものがほとんどで、それぞれについて細かく説明する必要はないのではないかと思います。 テレビ、ラジオ、新聞、雑誌の4つは4大媒体と呼ばれており、広告業界の中心でした。特にテレビCMは金額規模的にも中心的存在であったといえます。現在でも総広告費の中のトップはテレビCMとなっています。 4大媒体でいえば、総広告費のトップがテレビ、ついで、新聞、雑誌、ラジオという順番になります。

2.SP広告

SP広告とは、sales promotion(セールスプロモーション)広告のことです。生活者との接点を作り、認知度を上げる、好意を持たせる、購買行動に結び付ける、というような生活者への呼びかけを行う広告となります。 SP広告と一口に言っても、かなりの種類が含まれています。代表的なものは以下のものとなります。

  • DM(Direct Mail)広告
  • 折込広告
  • POP(Point of purchase)広告
  • イベント・展示会
  • 交通広告
  • 屋外広告
  • フリーペーパー

街中を歩いている時に見かける看板や、駅・電車内の広告、店の中のPOPなど、こちらも皆さんお馴染みのものが多いと思います。古くから存在しているものも多いので、生活にとけこんでいる広告も多いですね。 ちなみにSP(sales promotion: セールスプロモーション)とは日本語でいえば販売促進になります。販売促進と広告は何が違うの?と思うかもしれません。 販売促進とはその名の通り、販売を促進することです。アイデア・製品・サービスを販売していくのには何かしらの媒体を使って、宣伝して行く必要があります。営業する人を増やして売り上げをあげようとするのも販売促進ですし、広告を出し、売り上げをあげようとするのも販売促進活動です。何を介して販売促進するかは自由ですが、SP広告はあくまで広告を使って販売促進しましょうというものです。 広告ってどういうものなの?というのが気になる方は下記も参考にしてください。 →広告・宣伝の定義とは

3.インターネット広告

インターネット広告はネット上のウェブサイトやアプリ、ソーシャルネットワークなどを介して広告を出稿するものです。インターネット広告はここ数十年で一気に伸びており、総広告費でいえば、テレビ広告に次ぐ規模になってきました。もちろん今後も増加することが予想されます。 一口にインターネット広告と言っても多くの種類が存在します。まずは代表的なものをご紹介したいと思います。

  • リスティング広告
  • SNS広告
  • アフィリエイト広告
  • バナー広告
  • ネイティブ広告
  • アプリ広告
  • 動画広告

Web上での広告がこちらに入りますので、今後も新しい形態の広告が増えていく可能性は高いのが特徴です。インターネット広告に限った話ではないですが、広告は時代と共に変わっていきます。特にインターネット広告の場合、移り変わりのスピードが早く、また大きく変わっていく可能性が高いので、常に今どんな広告があるのかをチェックしておくといいのかもしれません。

4.番外編

大きく分けると3つに分けられると言いましたがこれ以外にも分類されるものもあります。その1つが衛星メディア広告です。これは、BS放送・CS放送・ケーブルテレビなどのメディアを介した広告費のことです。 BS・CS・ケーブルテレビもテレビであるからテレビ広告じゃないの?と思う方も多いと思います。その通りではありますが、かつてはテレビ=地上波しかなかったわけで、それ以外のテレビ広告というのはなかったと言えます。それが衛星放送(今のスカパー)の誕生やBS・CS放送などが確立され、無視できなくなったため、新しく分類したと言えるでしょう。 なおこの分類は、電通が毎年公表している「日本の広告」に基づいた分類となります。媒体としてはテレビとなりますので、実務上はテレビ広告と同じと考えていいかと思います。 参考:電通Webサイトより

まとめ

一口に広告と言ってもいくつかの種類が存在しています。大きく分けるとマス広告・SP広告・インターネット広告となります。また、その中でさらに媒体によって分類が分かれます。 広告の定義にもあるように広告は、人ではなく別の媒体を介することが定義の1つとなります。逆に言えば媒体があれば、それを利用して広告も出てくるわけです。これまでもインターネット広告のように時代の移り変わりによって新しい広告が生まれてきました。 今後もまた新しい広告が生まれると思いますので、是非有効活用してみてください。